りんご7976のお菓子を作るのに味付けして煮ておくと便利

りんごのお菓子を作るのにハードルが高いと感じる方もいるでしょう。特売でりんごをたくさん購入しすぎてしまった時や、スーパーで少し時間が経ってしまい、見切り品として売られているりんごを見かけたら、まとめて味付けして煮ておくと、りんごのお菓子に挑戦できます。 りんごを煮るには、丸ごと、もしくは2分の1くらいに大きく切り分けて、シロップで煮てコンポート風にする方法もあります。しかし、時間がかかりますし、形が崩れるのが心配になる方もいるでしょう。形が崩れても良く、時短で仕上げられるように、いちょう切りに小さめに切っておくと作りやすいです。小鍋に切った2分の1~1個分のりんごと、カップ2分の1の水とみりんを大さじ1杯入れて弱火で煮詰めます。みりんを入れた方がシロップよりもこくが出ますし、水が少ない方がうまみが濃厚になります。色が茶色くなり、水分が飛んだら器に移します。 りんごの煮付けを使ってお菓子を作るには、バターを付けたパイシートに挟んで、上に卵を塗ってトースターで加熱すればアップルパイにもなりますし、春巻きの皮に包んで揚げればドーナツ風にもなるでしょう。ヨーグルトの中に入れて凍らせれば、フローズンヨーグルトにもなります。マフィンや蒸しパン、クッキーの生地にトッピングしてもおいしいです。りんごが余ったら、密封して冷凍保存すると1~2週間は持つので便利です。

お料理との相性が良いと言われているりんご7976と相性の良い食材

りんごをデザートとして食べることが多いと思いますが、りんごは煮ても焼いても美味しくお料理との相性も良いと言われています。なかでも相性が良く人気があるのが、りんごとサツマイモの組み合わせです。りんごとサツマイモのお料理はサラダや煮物などが適していて、この組み合わせは便秘予防の効果もあります。りんごをサラダや煮物に使う時は、食物繊維やポリフェノールが豊富に含まれている皮を剥かずに調理することがポイントです。